MESSAGE

代表取締役社長
中沢 敦

CHAPTER01パルディアについて

―「パルディア」という社名の由来を教えてください

“パーソナルメディア”という言葉からつけました。 サラリーマン時代に、4マス媒体(テレビ、新聞、ラジオ、雑誌)の時代が終わって、インターネットの時代が来るなと感じていて。 インターネットというのは、個々に発信ができるのが特徴だと思って、人に影響を与えられるメディアを創りたいという思いを込めました。

CHAPTER02新卒採用について

―新卒採用をはじめたきっかけはありますか?

はじめは中途採用がメインだったのですが、10年目のときに会社がボロボロになってしまい、入ってくれた中途が半年で全員辞めちゃう事件が起きてしまいまして。
そこで、何かを変えなきゃいけないっていうことを思ったときに、当時お世話になっていた取引先の新卒2年目の子がすごく優秀で、その姿を見て、清水の舞台から飛び降りる気持ちで新卒採用に投資をする決断をしました。

―どんな変化がありましたか?

新卒は一から学んでくれるので、パルディアらしさを入社から吸収してくれるのは良いことですね。それに毎年後輩たちが入ってくると先輩たちが燃えますよね。
現に活躍している社員の中で新卒も多く、ぜひこれからのパルディアの中核になっていってほしいなと思っています。

―どんな学生を見ると、一緒に働きたいと感じますか?

「熱い」「強い」「賢い」「気持ち良い」「逃さない」ですね。
情熱的で物事に対してポジティブにとらえられる“熱さ”と、逆境に対しても耐えうるような、精神的な“強さ”をもっている人を求めています。“賢さ”は、論理的思考力やロジカルシンキングなど物事をちゃんと整理して考えられる力。“気持ち良い”は、一緒に話していて気持ちいいな、楽しいなって思える人。最後の“逃さない”は、自分の足りない部分を認識し、それを改善するために良いと感じた情報をキャッチしたり、自分でチャンスをつかみに行ける人。この5つが基本的に求めている人物ですね。

―では、そんな学生へ伝えたい「他社には負けないパルディアのおすすめポイント」はなんですか?

自分たちで会社を創っていけるというところでの「将来性」ですね。未来へのわくわく感というのは、パルディアならではだと思います。

―先ほど、「成長」に関するお話がありましたが、中沢さんにとって「成長」とはなんですか?

成長ってできなかったことができるようになることだと僕は思っています。なにか「これやったほうがいいな」など思ったときにそれができるようになったりすると、成長感があるのだと思います。
会社の成長はやっぱり目に見えるところだと売上とか収入というところがあって、上の数字にいけば今までできなかったことに挑戦したりできるわけなので、それも成長だと思いますね。

―成長のために、必要なことはなんですか?

「学ぶ姿勢」ですね。僕自身は、亀のような人間なんですよ。もっと周りには兎みたいに飛び越えて、成長していく人がたくさんいるのですが、亀のようにとにかくじっくり貪欲に努力し続けるっていうところが強いので、そういう風に自分の未熟なところとか至らないところに対して、改善し続けられるというのが成長には必要かなと思います。僕自身は着実に成長していると自信をもって言えますね。亀のように遅いですけど(笑)。でもいつかは兎を越えられると信じています。 

―「圧倒的な成長」という言葉をよくおっしゃってると思うのですが、どんな成長が「圧倒的」なんでしょうか?

「圧倒的」っていうのは強さだけではなく、スピード感も大事だと思っています。自分のレベルより少し高いところを任されたときに、それに挑戦すると自分が主役になれるじゃないですか。自分が主役になれないと成長のスピードは落ちると思っているので、失敗してもいいから挑戦してみようっていう主体性があれば、圧倒的な成長に繋がると思っています。 

CHAPTER03これからのパルディアについて

―漠然とした質問にはなりますが、これからのパルディアについて教えてください。

これからのパルディアは「プロモーションテックカンパニー」を目指します。どんどんデジタルシフトしていて、デジタルなしでは商売できないという時代になってきたときに、プロモーションって分野はテクノロジーでは遅れていると思っています。だからこそ、そこを牽引できるようなプロモーション企業としてのサービスを提供していきたいですね。

そのために3つの柱を推し進めていて、
1.LINE等SNSを活用したキャンペーンやプロモーションにより小売店、メーカーを支援する
2.家族の笑顔を生み出すプラットフォームを作る超トクビジネスを、AI等も活用しながらその人に最適なレジャーコンテンツを提供できるプラットフォームにしていく
3.メンズソリューション。粋な男を作るための、コスメだけではないすべて。テクノロジーを含めた様々なサービスを通して、粋な男を日本やアジアに増やしていく

この3つで、プロモーションテックカンパニーのNo.1を目指そう!というところです。

―現在のパルディアの課題はなんでしょうか

ストックビジネスの強化だと思っています。人が増えなくても安定して売り上げを維持できるようなビジネスを、採用などとのバランスを見ながら強化していく必要がありますね。
あとはメンズコスメIKKIの利益が伸び悩んでいるので、どう修正して軌道に乗らせようかなと考えているところです。

採用担当者のメッセージを見る採用担当者のメッセージを見る
TOP > MESSAGE