本気でやると、仕事って面白いんだなって。

#中堅#マーケティング統括部#新卒
マーケティング統括部
2015年 新卒
貴島 優樹
PROFILE

2015年新卒入社の貴島です。入社当初はプロモーション統括部Sales DivisionⅠに、現在はマーケティング統括部に所属しています。身体を動かすことが好きで学生時代はずっとサッカー&フットサルをしてました。パルディアにフットサルサークルつくりたい。

―ご自身の就職活動の際に意識していたことは何ですか?

あんまり覚えてないんですが…いちばん意識していたのは『会社名で選ばないこと』です。昔のリクルートのキャッチコピーに『仕事を聞かれて、会社名で答えるような奴には、負けない。』ってのがあるんですけど、これめちゃくちゃカッコいいな~って当時思ってて!笑。実際に最近は年功序列や終身雇用などの長期就労を前提としたシステムが衰退しつつあり、いわゆる大手神話も崩壊しています。そんな時代の中で重要なことは、会社の看板で仕事をするのではなく、あくまでも自身の能力でハイレベルな仕事ができることじゃないかな、と。だから就職活動中は会社名なんかをあまり気にせず、この会社で働いたら自分はどんな仕事ができるのか?どんな風に成長できるのか?どんな人間になれるのか?を常に考えて活動してました。

―あなたにとってパルディアとは?

成長のチャンスがたくさんある会社だと思います。大手企業と比較した際の中小企業の特徴として、良くも悪くも若手の頃から大きな裁量権を持って仕事を進めることできる点を挙げることができます。もちろんこれは一般論ですが、その中でもさらにパルディアは社内の風土・文化の両面においてすごくチャレンジングで、若手の頃から大手企業では味わうことのできない貴重な体験を数多くすることが可能です。例えば僕の場合には、入社して6年目くらいからは、自社のデジタルマーケティング領域の業務をほぼ全て任せていただき、大きな裁量権を持って仕事を進めさせてもらってます。また(本来的な意味合いは若干違うんですが便宜的に)会社の方向性を決めるような重要な会議にもおよそ2年間参加させていただき、全社的な視点で物事を見るための勉強もさせていただきました。社長自らがこのサイトの代表挨拶で『成長』に関して言及するなど、パルディアにとって『成長』は最も大きなキーワードのひとつだと思いますね。

―今、熱中していることは何ですか?また、今後の展望は?

まず仕事に関しては、Growth Hacker(=マーケティング+αの力でビジネスの成長を加速させることのできる人物)になることを目指して頑張っています。業務を通して、またはプライベートの時間を活用して、マーケティングの知識全般・Web&SNSの広告運用・Webデザイン(プログラミング)などの領域を中心に勉強しています。また、~2年間での合格を目標に中小企業診断士の資格取得に向けて勉強をするつもりです。別軸ですがプライベートでは、今熱中していることではないんですけど、何か運動を始めたいですね!社会人になってから身体を動かす機会がすごく少なくなっていて…。学生時代はずっとサッカーに打ち込んでたので、サッカーかフットサル、あるいは何か熱中できるような新しいスポーツを始めてみたいです!30歳を過ぎてきてからお腹が出てきたんで…。今年の夏までにはシックスパックを目指します。

この職種の詳細を見るこの職種の詳細を見る
TOP > INTERVIEW > 貴島 優樹