毎日がわくわくでいっぱい!楽しく社会人やってます。

#若手#プロモーション統括部 SDⅡ#中途
プロモーション統括部 SDⅡ
2019年 中途
荻原 真由
PROFILE

いわゆる第二新卒で入社しました。当初はマーケティング統括部の面接を受けていたのですが、「どう考えても君営業向きだよね」の中沢さんの一声でフロントでの採用に(笑)内定をいただいて即日入社する程のフットワークの軽さや、誰とでも友達になれる親しみやすい性格を大いに生かして、営業の仕事を頑張っています。

―ご自身の就職活動の際に意識していたことは何ですか?

新卒、中途で共通していたのが「広告業界で仕事をすること」でした。学生時代から複数のコミュニティに所属していたこともあり、ひとつのジャンルにとどまらず様々な業種の人と仕事ができることを重視しました。加えて、中途の就活では、「長く働けること」と「プライベートの時間があること」を意識しました。前職は寝る間も休みも返上して働く絵に描いたような制作会社で(笑)やりがいこそありましたが、体力のある若いうちしか働けないし、仕事しかない人生はつまらないなと。パルディアでは、結婚や子育てを経験している先輩方が身近にいますし、趣味にとことん没頭している社員も多く、オンオフともに充実した生活ができると感じて入社を決めました。

―あなたにとってパルディアとは?

ありきたりではありますが、やっぱり「人として成長できる場所」ですね。
若手だからといって先輩の下について仕事をすることは少なく、自発的に行動しないと数字も出せません。その分成果が認められる機会は多いので、毎日の仕事が本当に楽しいです。日々わからないことだらけで課題や悩みが尽きませんが、困っているときに相談できる仲間が部署を問わずいることもパルディアの強みだと思います。自分よりも悩みを自分事化して親身にアドバイスをくださる方ばかりです。会社全体として成長意欲がとても高いので、ただ解決策を提示されるのではなく、なぜ悩んでいるのか、どのようにしたら解決するのか、自分が取るべき行動のヒントをくださるので、いろいろな場面で応用が利く考え方を身に付けられます。
みんなが口を揃えて言うのですが、本当に悪い人がいなくて(笑)半年前まで、1日の大半を過ごす会社は苦痛だとばかり思っていたので、こんなにもストレスフリーだとは驚きでした(笑)

―今、熱中していることは何ですか?また、今後の展望は?

学生の頃から携わっている音楽フェスの企画制作と運営のボランティアスタッフです。転職してからは時間に余裕ができ、仕事終わりや休日はほとんどこちらに費やしています。ライブやフェスが大好きなのと、趣味でバンドの撮影などを行っていたのがきっかけで参加し、社会人になった今では中心メンバーとして活動しています。広告業界で働くようになってから、特にパルディアに入ってからは、販促や集客に関する知識がかなり増え、カメラマン以外にも任せされる部分が増えてきており、かなりやりがいを感じています。毎日の業務が趣味に生かせることも、仕事のモチベーションにつながっていますね。また、集客施策としてキャンペーンの企画を提案してみたり、会社勤めのメンバーには積極的に営業活動を行ったり…。あわよくばどこかで受注できないか、常にアンテナを張り巡らせています。仕事が趣味になる日もそう遠くはないかもしれません(笑)

この職種の詳細を見るこの職種の詳細を見る
TOP > INTERVIEW > 荻原 真由