tokyu

東急百貨店オリジナルアプリのレスポンス事例

昨年から、小売りチェーンの自社オリジナルアプリの開発が増加している。著名なアプリは、無印良品・GU・ユナイテットアローズなど専門チェーンは独自のアプリを採用しているが、デパートチャネルで進んでいるアプリが東急ストア本店のオリジナルアプリ。株式会社Leonis&Coが開発するオムニチャネルマーケティングシステム「OFFERs」。アプリプロモーションの効果を発表した。 東急百貨店のDMでは、反応率が5%を越えると良い施策と判断されていたようですが、
「OFFERs」を導入した東急百貨店では電子クーポンの反応率が最大28.1%あったそうです。

1回目となる10月18日~11月11日に東急百貨店アプリから配信された20種類のクーポンの反応率は平均で7.2%、最大で28.1%を記録。通常の紙媒体ダイレクトメールと比較すると、レスポンスが高いことが実証されました。

また、前回の施策で得たデータの分析に基づく改善策で展開した1月12日~1月26日15種類のクーポンでは平均反応率が前回を上回る9.1%を記録。電子クーポンが「反応率が高く」、「有効な改善活動が行えるツール」であることが実証されたそうです。

【「OFFERs」によるクーポン配信施策概要】
■第1回
・実施期間:10月18日~11月11日
・配布クーポン数:20種類
・平均反応率:7.1%
■第2回
・実施期間:1月12日~26日
・配布クーポン数:15種類
・平均反応率:9.1%

今は、アプリのプッシュ通知がさほど多くないための効レスポンスと思われます。今後アプリが乱立した際個別クーポンなどCRMに基づいたクーポンでないとユーザーからはスパム扱いさえるケースもあるので今後の課題と思われます。

「OFFERs」のアプリは、クーポンの消込機能、最近ではLINEクーポンでも消込可能だが、先駆けて消込機能を採用した。

 

今後も小売りチェーン・ブランドアプリは随時、紹介していきたい。