影響力強い 動画プロモーション

久しぶりのプログです。

来年はしっかりやろうと、決める気持ちで書きました。

来年は、動画マーケティング元年と言われてます。ネットの普及以上に、LTE対応スマホやタブレットの
普及とSNSの浸透で、よりシェアし目に触れやすくなってきている流れでしょう。

もともと、動画は伝える力は強いので~ その波及力と影響力はうまくプロモーションに組み込むのは、
今後のプロモーションのキーになるでしょうね。

今年AKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」は、さまざまな振り付けマネ動画がSNS上で話題を獲得した。
再生回数が100万回超の動画が続出しているのは、

カーリー・レイ・ジェプセンのヒット曲「Call Me Maybe」が昨年、このパターンで世界的に大ヒット

日本でもローラが音楽に合わせて踊る動画を公開した話題を獲得した。

音楽のプロモーションではこのパターンで来年もヒットが登場すると思われます。

「恋するフォーチュンクッキー」の企業版 では以下2作品が素晴らしい。

これは、採用へのブランディングにもなりますし、特に社内の一体感構築に役立つ効果が高いと思われます。
企業を巻き込む、プロモーション今後期待されます。

サイバーエージェントが圧倒的キラキラ女子力

世界の379店舗のショップスタッフと本社スタッフが挑戦

AKB48 恋するフォーチュンクッキー サマンサver公開

最後に、今年の動画トピックをGOOGLE JAPANで公開されてました。
音と映像の使い方がとてもクオリティ高いですね!

Google Zeitgeist: 2013年を振り返ろうで、動画のトピックスが映像で紹介されています。