インドネシア視察!

設定エラーなどにより、2回目のプログがかなりあいてしまいましたが、。。。
先日、インドネシア ジャカルタに行ってきました。
毎年、株主といろいろなテーマで海外視察に行ってます。
今回もジャカルタの今後の可能性を見ようというテーマの視察旅行です。

まず、一番は車の渋滞がひどい、空港から市内のホテルも通常50分程度らしいのですが、2時間半かかりました。当日雨が降ったので
その時間になったようです。

ジャカルタでは高度経済成長で車とバイクがすごい勢いで売れているそうです。

1日に車が200台以上、バイクが900台以上増えており、ガイドさんから聞いたのですが、
車両の占有面積が道路の面積そのものを上回っているそうです。
「ジャカルタ人は車の中で年を取る」という格言があるそうです。

でも、まぁ とにかく人が多いです。インドネシア 人口2億4千万人、ジャカルタの人口は1000~1300万人と言われほぼ東京と同じ人口です。
都市は、タイの都市の雰囲気と似ておりますが、コンビニがとても多いです。
セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート、サークルKと地元のコンビニがあります。
新興国は、我々日本が戦後発展した経緯とは異なり、経済成長とともにすでに先進国で利用されているインターネットやスマホ、(ケータイ)、コンビニ、スターバックス等、をとりいれながら情報化時代の中、急速に発展する。
また、最低賃金月額15000円程度ですが、急上昇しているようです。賃上げデモに遭遇し、これもすごい人数でした。新興国はSNSなどの普及で急速により情報が加速されるのと同時にデモと賃上げが繰り返されるのだと思います。

スーパーも視察しました。カールフールとロッテマートを見ました!
カールフールはあまり進化している感じがなく、ディスプレイも日本にある時とあまり変わり映えしませんでした。
ロッテマートは初めて見たのですが、ウォルマートとターゲットのいいところをまねている感じが、買いやすいとのではと感じました。

ドラッグストアは、地元企業ばかりでまだまだという印象でした。
個人的には、インドネシアは成長するが、車渋滞の効率の悪さを考慮すると積極的に進出したい国ではないかなぁと思いました。